2008年01月09日

ビーチコーミングでメダカラガイ

メダカラガイ タカラガイ科の貝、メダカラガイです。
三浦半島で拾える宝貝では、一番一般的な宝貝。
貝殻拾いでは、たくさん拾えるんじゃないかな。
ついつい集めたくなるのが、宝貝です。

身近な生き物図鑑:身近な貝類図鑑
身近な生き物図鑑:メダカラガイ(目宝貝)

インクタンク66回分でお得な【大容量詰め替えインク】 ルーマニアじゃないので横文字は苦手なんですがー。
海岸を歩きながら貝殻拾いをしたりするのって、ビーチコーミングっていうらしいです。
今までずーっと、ビーチコーミングは海岸のゴミ拾いをすることだとばかり思ってましたぁ(^^ゞ
海岸を掃除して、そのついでに貝殻を拾って、みんな偉いなーって関心してたのにー。
またしても、言葉の使い方を間違えていたようだ・・・
僕は普段、「貝殻拾い」って言ってるけど、これからはオシャレに「ビーチコーミング」って言葉を使うことにする!

何か金目の物は落ちてないかなー。
宝石の原石とか・・・
石コロなら、たくさん落ちてるんだけど。
諭吉さんでもいい!!
せめて真珠くらい・・・
巨乳の人魚姫でもいいです♪
出会った時は、ぜひホタテ貝の水着をお願いします(^^ゞ

イカン、いつも話題が脱線してしまう。
メダカラガイの生息する北限って、三浦半島や房総半島あたりになるらしいです。
でも、冬になると寒さで死んじゃうんじゃなかったかな?
だからたくさんの貝殻が落ちているって聞いたことがあるような、ないような・・・

コモンダカラ
小さな紋がたくさん点在することから、コモンダカラと呼ばれている宝貝です。
身近な生き物図鑑:コモンダカラ(小紋宝)

カモンダカラ
海水魚を扱っているペット屋さんに売られていることもあります、カモンダカラ。
身近な生き物図鑑:カモンダカラ(花紋宝)

ハツユキダカラ
白い点々の模様が雪が降っているかのように見える宝貝、ハツユキダカラ。
身近な生き物図鑑:ハツユキダカラ(初雪宝)

チャイロキヌタ
チャイロタヌキならぬ、チャイロキヌタ。
身近な生き物図鑑:チャイロキヌタ(茶色砧)


ブログランキング・にほんブログ村へ [東洋のガラパゴス移住日記] [hirokoのお留守番にっき] [たてやま・海辺の鑑定団]
posted by ちーず。 at 12:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 身近な貝殻図鑑
この記事へのコメント

この記事へのトラックバック