2007年11月17日

1904年、日露戦争が始まる

日露戦争 前回、東郷平八郎に関する記事を書いたので、今回は日露戦争。
日露戦争といえば、東郷平八郎と、乃木希典が有名でしょう。
日露戦争が始まったのは1904年。
今から、約100年前の出来事です。

三浦半島の歴史:1904年・日露戦争

歴史の教科書では、日露戦争と、日清戦争が同じページに掲載されていたりするかもしれません。
「日清・日露戦争」と略されちゃうこともあるし。
でも、戦争の内容などはまったく違うので、一緒こたにすべきではないような気がします。
日清戦争に関するページは、まだ書いてないんですよ。
ページにできるほどの資料が集まらなくて。
日清食品のカップヌードルも、まだ記事にしてないし・・・
シーフードヌードルを牛乳で作ると美味しいんだよ。

乃木希典のページも作ってないんだよね。
乃木希典のページを作るのは、ちょっと難しい・・・
美化されていて、等身大の人物像がわかりづらいです。
とりあえず、前回も紹介した東郷平八郎のページはこちらです。
三浦半島の歴史:人物事典・東郷平八郎

記念艦三笠
日露戦争の日本海海戦で活躍したのが、三笠です。
当時は戦艦に分類されていたんじゃなかったかな?
かなり長期間に渡って運用され続けた軍艦です。
現在は記念艦として博物館のようになっています。
いかにも日本の軍艦って感じだけど、実は日本製ではなかったりします。
当時の日本の造船技術では、まだ造ることができなかったんですよ。
三浦半島の歴史:横須賀市稲岡町・記念艦三笠

軍都
横須賀は軍港として発展していったんですが、日清戦争・日露戦争の影響で、ますます軍港として発展していきました。
そのあたりのことは、ことらに解説しています。
現在でも、横須賀といえば、軍港の町のイメージでしょうか。
最近ではパチンコ屋の町になりつつありますが(T_T)
三浦半島の歴史:三浦半島の歴史2
三浦半島の歴史:横須賀市汐入町・ヴェルニー公園(臨海公園)

若宮神社
横須賀市久比里にある若宮神社では、日露戦争で旅順口の封鎖に使うための石が基礎石に使用されているそうです。
使わずに余った石を利用したのかな?
ここの神社には、なぜか砲弾が祭られています。
三浦半島の歴史:横須賀市久比里・若宮神社

江ノ島には、日露戦争で活躍した児玉源太郎を祀っている神社があります。
東郷平八郎や、乃木希典ほど有名な人物ではありませんが。
乃木希典が猪突猛進な軍人とすれば、児玉源太郎は戦略家って感じかな?
三浦半島の歴史:神奈川県藤沢市江ノ島史跡巡り・観光名所案内


ブログランキング・にほんブログ村へ [空と海と・・・] [日々漂流]
posted by ちーず。 at 13:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 三浦半島観光地図
この記事へのコメント

この記事へのトラックバック