2007年10月27日

小川茂周って誰?

小川茂周は初代三浦郡長に就任した人物です。
「おがわもしゅう」と読みたくなりますが、「おがわしげちか」と読みます。
昔の人の名前の読み方は難しいですね。
といっても、そんなに昔の人ってわけでもないか。

三浦半島の史跡巡り・観光名所案内(人物事典)
三浦半島の歴史:人物事典・小川茂周

人物事典作成は、なかなか大変ですなぁ(T_T)
ところで、「人物事典」が正しいのかな?
「人物辞典」が正しいのかな?
本を見ても、両方使われてるから、どちらが正しいのか良くわかんない(T_T)

池田町
小川茂周はのニックネームはオガワちゃんとか、モッチャンです(ウソ)
本当は三郎右衛門です。
横須賀市の大津の池田で生まれた、横須賀市地元の人物です。
三浦半島の歴史:横須賀市池田町史跡巡り・観光名所案内

初代三浦郡長となったのが、一番有名かなー。
当時の三浦郡は、現在の横須賀市、三浦市、葉山町、逗子市にあたりますので、かなり広域のエリアになります。
しかも、横須賀製鉄所があったり、首都防衛のため、軍事的に重要な場所でもありました。
現在はほとんぼ知る人のない小川茂周ですが、実は意外とビッグな人だったりする。

小川町
現在の横須賀市役所や、警察署、郵便局などのあるあたり。
町名を小川町といいますが、小川茂周が埋め立てをさせた地区になります。
なかなかヤルじゃん。
三浦半島の歴史:横須賀市小川町史跡巡り・観光名所案内

その他にも、教育問題に熱心に取り組んだりもしていました。
ペリー来航時のさまざまな逸話なども残されています。
ペリー来迎寺の逸話などは、教科書の片隅にコラムなどとして掲載されることが多いのでは?

信誠寺
お墓は横須賀市大津町の信誠寺にあります。
周りのお墓に比べると大きなお墓なので、行けばすぐに分かるんじゃないかな。
ただ、墓地の一番奥の方になります。
三浦半島の歴史:横須賀市大津町・信誠寺

小矢部
横須賀市小矢部の衣笠公園には、記念碑が建てられているそうです。
何年も前、デジカメを持ってない頃に行ったことはあるんですが、気が付かなかったなぁ〜。
近いうち、衣笠方面の史跡巡りもしなくては。
ひきこもりだから、他の用事ができないと、なかなか外出できないんだよね(T_T)
三浦半島の歴史:横須賀市小矢部史跡巡り・観光名所案内


ブログランキング・にほんブログ村へ [横浜周辺折りたたみチャリでの町散策] [Take4's悠々知的生活]
posted by ちーず。 at 14:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 三浦半島観光地図
この記事へのコメント

この記事へのトラックバック