2007年06月13日

別名マンジュシャゲのヒガンバナ

ヒガンバナ いつも季節外れな写真を掲載中。
お彼岸の時期に一斉に花開くヒガンバナ。
人によっては、マンジュシャゲって呼ぶかもしれない。
漢字で書くと、それぞれ彼岸花と曼珠沙華になります。

身近な植物図鑑>科別索引>ヒガンバナ科の植物
身近な植物図鑑>ヒガンバナ科の野草>ヒガンバナ(彼岸花)

実は、あんまり好きじゃない花だったりします(^^ゞ
でも好きな人もたくさんいる花ですね。
好みが2極化する花なんじゃないかなーと思います。
格差社会を象徴する花なのでしょうか(^^ゞ

僕はどうも苦手なんですよねー。
子供のころに、秋になると突然出てきて、田んぼのあぜ道一面に花が咲いて。
それが子供心にはとても不可思議な現象で、不気味な感じがしてたんですよ。
今では、ヒガンバナが咲くようなあぜ道などは、すべて住宅地になってしまいました。

ヒガンバナの写真はもう一枚。
こちらは、物凄くたくさん咲いています。
真っ赤で鮮やかですね(^^)
身近な植物図鑑>ヒガンバナ科の野草>ヒガンバナ(彼岸花)

意外なことに、スイセンなんかもヒガンバナの仲間なんですよ。
ヒガンバナの仲間だから、ニラと間違えて食中毒を起こしてしまいます。
野草:スイセン(水仙)
野草:スイセン(水仙)

ランと名前の付く園芸植物の中には、実はヒガンバナ科が多かったりもします。
園芸用の植物としても親しまれているのが、意外にもヒガンバナ科だったりします。
やっぱり花が大きく、色鮮やかという特徴から、園芸家には好まれるのでしょう。
野草:インドハマユウ(印度浜木綿)
タマスダレ
野草:スズランスイセン(鈴蘭水仙)

僕が育てているヒガンバナ科の植物は、今のところ2つで〜す。
園芸:クンシランを育てる
園芸:アマリリスを育てる


ブログランキング・にほんブログ村へ [livedoor] [〜摯友〜] [花日記「今日の花」]
posted by ちーず。 at 13:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 身近な植物図鑑
この記事へのコメント

この記事へのトラックバック