2007年05月19日

ゴキブリじゃなくチャバネアオカメムシ

チャバネといえば、想像するのはチャバネゴキブリ?
それが普通だよね?
でも、カメムシのチャバネアオカメムシ。
さすがにゴキブリの写真を掲載してもねぇ(^^ゞ

身近な昆虫図鑑>カメムシ目昆虫図鑑
身近な昆虫図鑑>カメムシ科>チャバネアオカメムシ(茶翅青亀虫)

そもそも、昆虫そのものが苦手なんだよね。
写真を撮ったり、ホームページを作成したりして、少しずつ慣れてはきたけど。
チャバネゴキブリの写真は、さすがに掲載できませんなー。
写真を撮るどころか、近付くことすら、命の危険を感じるよ。
ゴキブリを見ただけで、気を失うかもしれないっていうのに・・・

愛知県での立てこもり事件があったけど、催涙弾の中に大量のゴキブリを入れて窓に打ち込むとか。
その他、ムカデ、ゲジゲジ、カメムシ、クモ、ノミ、ダニなどなど・・・
そうして心理的に追い込めば、逆に「お巡りさん、助けてくださ〜い!!」って投降してくるんじゃないかな?
はっきり言って、相当恐ろしい攻撃だぞ(^^ゞ
アメリカなんかじゃ、ゴム弾とかトウガラシ弾を使ったりするけど、虫弾の方がはるかに効果的だと思うけどな。

もし実現したら、お巡りさんも「動くな、両手を挙げたまま近付くな!!」とかいって必死になるだろうなぁ。
自分まで虫たちに襲われちゃうもんね(^^ゞ
そうかん考えると、実用化するのは難しいなぁ〜。

チャバネアオカメムシって、とてもメジャーなカメムシらしいです。
マルカメムシはどこに行ってもたくさん見かけるけど、それ以外のカメムシはあんまり見ないかな。
チャバネアオカメムシ以外のカメムシたちはこちらです。
身近な昆虫図鑑>カメムシ科>クサギカメムシ(臭木亀虫)
身近な昆虫図鑑>カメムシ科>マルカメムシ(丸亀虫)
身近な昆虫図鑑>カメムシ科>クサギカメムシ(臭木亀虫)
昆虫:ホオズキカメムシ(酸漿亀虫)

チャバネアオカメムシが好きな植物たちは、こんな感じです。
植物の汁を吸うのだそうです。
テントウムシみたく、アブラムシとか食べてくれればいいのにね・・・
身近な植物図鑑:バラ科の植物
身近な植物図鑑:ブナ科の植物
身近な植物図鑑:スギ科の植物

デザインとか、タイトルとか、統一されてなくてスンマソン。
どうすればわかりやすくて、見やすいか、いろいろ考えながら作っているもんで・・・
理想を追求し続けた結果、統一感のないサイトになってしまった(^^ゞ


ブログランキング・にほんブログ村へ [氏原巨雄の雑記鳥] [工房楽木の徒然草] [山の春夏秋冬]
posted by ちーず。 at 12:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 身近な昆虫図鑑
この記事へのコメント

この記事へのトラックバック