2007年04月14日

季節外れのアブラゼミ

セミ科の昆虫、アブラゼミ。
茶色いボディーが特徴的ですね。
捕まえると、狂ったように泣き叫びます。
成虫の時期は短いから必死なんだよね、きっと。

身近な昆虫図鑑>カメムシ目昆虫図鑑
昆虫:アブラゼミ(油蝉)
昆虫:アブラゼミ(油蝉)

本当に季節外れで申し訳ない(T_T)
暖冬の影響で、季節を間違えて出てきたわけじゃないんですよ。
去年の夏に撮影したアブラゼミの写真です。
今頃、写真を整理中なもんで(^^ゞ
僕の脳ミソに、インテルは入ってれば、もっと早く処理できたかもしれないんだけど・・・
残念ながら、電脳化はしてないんだよね。

セミの撮影は、意外と難しいんですよ。
近付くと、人の気配に気付かれて逃げてっちゃうし。
しかもさ、オシッコかけて逃げてくんだよ、失礼だよねー。
最後っ屁のつもりなのかなぁ〜?
いや、ただ体重を軽くするためだけか(^^ゞ

2枚目のアブラゼミの写真は、たまたまベランダに舞い降りてきたアブラゼミ。
近付いても逃げる気配もなかったので、大きく写真が撮れました(^^)
うちのベランダに来ても、残念ながら樹液を吸えるような植木はないんだよねー。

こっちはセミの抜け殻。
夏になると良く見かけるよね。
抜け殻だけじゃ、種類はわからないけど、たぶんアブラゼミだと思う。
昆虫:セミの抜け殻

子供のころは、セミの抜け殻を集めたっけなー。
結局、捨てちゃうんだけど(^^ゞ

セミと同じく、オシッコと引っ掛ける昆虫が、このツマグロオオヨコバイ。
セミと同じで木の汁を吸うんだけど、木の汁って栄養分が少ないから、オシッコの量も多くなるんだよね。
晴れているのに雨が降ってきたと思ったら、犯人はきっと、ツマグロオオヨコバイだと思います。
そうじゃなかったら、エアコンの室外機かな(^^ゞ
確率は少ないけれど、隕石ってこともあるかもしれない・・・
昆虫:ツマグロオオヨコバイ(褄黒大横這)

なんとなくだけど、川村ゆきえもんって、隕石にぶつかりそうなイメージがあるよね(^^ゞ
なんでだろう・・・、隕石がゴツンって頭に落ちてきそうなイメージが・・・
変なメガネを掛けたりしてるからかなぁ〜?
あー、そうそう、もし虫が苦手だったらトラックバックしちゃってゴメンねー。
教えてくれれば、トラックバックしないようにするからさー。
まあ実を言いますと、僕も虫は苦手なんだけど(^^ゞ


ブログランキング・にほんブログ村へ [ゆっきーにっき] [excite] [ちきゅうのいきBlog]
posted by ちーず。 at 14:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 身近な昆虫図鑑
この記事へのコメント

この記事へのトラックバック