2008年06月24日

広汎性発達障害って知ってる?

アスペルガー症候群って呼ばれたりもする病気です。
僕はNHKの番組を見て、その病気を知りました。
見た目は普通の人たちなんですが・・・
患者さんは色々と苦労をしているようです。

家庭の医学:広汎性発達障害とは?

家庭の医学のページは作っていますが、完全に素人なもんで・・・
たまに、病名を間違えて掲載していたりすることもあります(^^;)
アスペルガー症候群も、名前を間違えていたからなー。
アスペルゲンガー症候群だとばかり思ってました。
だって、ポケモンにゲンガーってキャラが出てきたから、アスペルゲンガーだとばかり。

さまざまな呼び名がある病気ですが、一般的には広汎性発達障害か、アスペルガー症候群と呼ばれるみたいです。
発達障害の仲間のひとつになるようです。
資料をあさりながら調べたんですが、ちょっと僕には難しすぎたぁ・・・
「病気」なのか、「個性」なのか、難しいなーとも思って。

自閉症や自閉性障害と呼ばれる病気が、似ている病気かな。
広汎性発達障害が自閉症の中に含まれるのかもしれないです。
家庭の医学:自閉症・自閉性障害とは?

自閉症や広汎性発達障害の仲間の病気としては、ADHDがあると思います。
似たような症状が現れる患者さんも、いるみたいなので。
家庭の医学:注意欠陥・多動性障害・ADHDとは?

合併症と呼ぶのかなー、併発しやすい病気です。
正式な病名は、ジル・ドゥ・ラ・トゥレット症候群って言って長い病名なんです。
家庭の医学:チック症・トゥレット症候群とは?

人によっては、強迫性障害なども併発することがあるようです。
最近では、アルファベットでOCDを呼ばれることもあります。
家庭の医学:強迫性障害・OCDとは?

そのほか、併発しやすいような病気を上げておきました。
家庭の医学:リストカット症候群・手首自傷症候群とは?
家庭の医学:ひきこもりとは?
家庭の医学:摂食障害とは?

人の心の構造というのは、人それぞれに違うものなので、難しいですねー。
専門知識のない僕にとっては、作成するのが難しいです。
しかもキーボードが古くなってきたので、キーが打ちづらく、入力しづらい・・・
もしあまってたら、プレゼントしてください♪
PSPもあまってたら、ちょうらい♪

以上、リコーのデジカメが気になっているちーず。クンでした。


ブログランキング・にほんブログ村へ [sociologically@はてな] [ADD?先生の発達障害児教育応援サイト] [D.V.S.N. Present“そんなオグラの独り言”]
posted by ちーず。 at 13:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 家庭の医学
この記事へのコメント

この記事へのトラックバック