2008年06月09日

フクロウさんのアオバズク

アオバズク フクロウ科の野鳥、アオバズクです。
フクロウはアニメなどでも登場しますね。
なぜか、メガネをかけているんです!!
ですが、本物のフクロウはメガネはかけていませんよ。

身近な野鳥図鑑:フクロウ目野鳥図鑑
身近な野鳥図鑑:アオバズク

フクロウがメガネをかけていると、、、ついついメガネ萌え〜となってしまいます。
そんなわきゃないか(^^;)
なぜなんでしょうねー、フクロウってジョン・レノンのようなメガネをかけているイメージがあるんですよ。
しかも、森の中で一番の物知りだったりします。
なぜ、そういうイメージが定着したのかな?

風水だっけ?
フクロウの置物を部屋に置いておくと、幸運がやってくるって。
本物のフクロウは、ダニとかついてるから、触らない方がいいですよ(^^;)
アオバズクは、人が住む環境に近いところに生息しているんですが、個体数が減少傾向にあります。
心配ですねー。

ベンガルワシミミズク
日本には生息していないフクロウ科の野鳥、ベンガルワシミミズクです。
ミナミワシミミズクと呼んだりもします。
怖い顔だねー。
えっ!?ニセモノっぽい?
身近な生き物図鑑:ベンガルワシミミズク

ゴイサギ
フクロウと同じく、夜行性の野鳥です。
サギ科の野鳥で、ゴイサギといいます。
頭のてっぺんに、1本だけ、竹串みたいなのが出ているのが特徴です。
これもニセモノっぽいかな?
身近な生き物図鑑:ゴイサギ

コサギ
サギ科の野鳥は、白い体色のものが多いですね。
真っ白で、本当に綺麗な色をしています。
きっと、お手入れが大変なんだろうなー。
トリートメントとか、なに使ってるんだろう?
身近な生き物図鑑:コサギ

カワウ
ウ科の野鳥、カワウさん。
なんとなくのイメージでしょうか、夜行性の鳥ってイメージがあります。
鵜飼いの影響かなー?
夜行性の野鳥って、何か掲載してたかなー???
身近な生き物図鑑:カワウ

カラス
カラス科の野鳥、ハシボソガラスとハシブトガラス。
黒いから夜行性のイメージがあるけど・・・
夜行性の野鳥ではないですねー。
ゴミをあさるのは、早朝が多いのかな。
身近な生き物図鑑:ハシボソガラス
身近な生き物図鑑:ハシブトガラス

クジャク
キジ科の野鳥、インドクジャクです。
これもニセモノっぽい?
なんでだろうねー(^^;)
身近な生き物図鑑:クジャク
身近な生き物図鑑:クジャク
身近な生き物図鑑:クジャク

実はですねー、野鳥図鑑といいつつも・・・
剥製が混じってたりするんですねー。
どれが剥製なのかは、どれがニセモノなのかは、企業秘密です(^^;)
そのうち、ガッチャマンも掲載しなくちゃなー。


ブログランキング・にほんブログ村へ [わらわらにっき] [よろずやBoobyの自然観察] [はくはつフクロウの独り言]
posted by ちーず。 at 13:49| Comment(2) | TrackBack(0) | 身近な野鳥図鑑
この記事へのコメント
クジャクは意外と動物園で放し飼いになってて、びっくりするねえ。
Posted by ハム社長 at 2008年06月10日 14:06
あのクジャクたち、逃げ出したりしないのかなー?
クジャクだって本気を出せば、逃げ出せるよね?
Posted by ちーず。 at 2008年06月12日 12:00

この記事へのトラックバック