2008年05月26日

スイセン園芸を再開

スイセン ヒガンバナ科の植物、スイセンです。
ミニスイセンを育てることにしました。
以前にも育てたことがあるんですよ。
でも今回は、置き場所がないので、ミニスイセン。

ベランダ園芸:スイセンを育てる

こんばんは、スイセン博士の水前寺清子です。
ご存知の通り、スイセンは漢字で書くと水前です。
あたくしの名前でございますわ。

え、えーと、気を取り直していきましょう。
スイセンは漢字で書くと、水洗です。
便所の水洗と同じですね。
ですがうちの便所は、ボットン便所です。

さて、前置きはこのくらいにしまして、水仙ですが・・・
球根から育てる事もできるし、苗から育てることもできます。
球根から育てたほうが、自分好みの品種を選ぶことができると思います。
苗の場合は、出回っている品種が少ないですからねー。
メジャーな人気品種しか、扱ってないですね。
本当に珍しいスイセンを育てたい場合は、通信販売となります。

今回、僕が購入したのは、黄色い花のミニスイセンです。
置き場所の関係もあるけど、綺麗な花だったので一目惚れしました。
ベランダ園芸:スイセン栽培-2007年03月03日-

スイセン
その辺に生えているスイセン。
きっと野生種ではないと思います。
雑種とか、園芸種とかだと思います。
身近な植物図鑑:スイセン

スイセン
太陽の向きの関係なのかなー。
スイセンの花が、すべて反対方向を向いています(^^;)
撮影しているときは、気が付かなかったー。
身近な植物図鑑:スイセン

スイセン
こちらは完全に園芸種のスイセンですね。
中心部分が黄色じゃなくて、白くなっているので。
いろんな種類のスイセンがあって、スイセンには見えないような品種もありますよ。
身近な植物図鑑:スイセン

ヒガンバナ
スイセンはヒガンバナ科に分類されます。
ヒガンバナは、好きな人と、嫌いな人とに別れますねー。
マンジュシャゲと呼ぶ人もいます。
身近な植物図鑑:ヒガンバナ科の植物

アマリリス
ヒガンバナ科の植物では、アマリリスを育てていたりもします。
アマリリスも、スイセンと同じくたくさんの品種がありますねー。
変わった品種を育てたい場合は、やっぱり球根を買うことになるかな。
ベランダ園芸:アマリリスを育てる

クンシラン
ヒガンバナ科では、クンシランも育てています。
毎年、綺麗な花を咲かせてくれますね。
クンシランも違う品種が欲しいなぁー。
ベランダ園芸:クンシランを育てる

今日は自宅のスタジオで、貝殻の撮影をしたよー。
綺麗な貝殻たちだから、綺麗に撮れているといいんだけど。
貝殻図鑑に掲載予定なので、ご期待ください。


ブログランキング・にほんブログ村へ [デジカメのいろいろ] [うみのともだち] [やむやむやみー]
posted by ちーず。 at 18:21| Comment(0) | TrackBack(0) | ベランダ園芸
この記事へのコメント

この記事へのトラックバック