2008年05月07日

本物のニセサバダカラ

ニセサバダカラ タカラガイ科のニセサバダカラの貝殻です。
ニセという名前が付くけど、本物ですよ。
名付け親が、ニセとつけたのが悪いのです。
写真の宝貝は本物なんです、信じてください。

身近な生き物図鑑:身近な貝類図鑑
身近な生き物図鑑:ニセサバダカラ

名前に「ニセ」って付くと、価値がなさそうに聞こえるけど・・・
ニセサバダカラって、そんなに簡単に見つけられる宝貝じゃないですよー。
僕の貝殻コレクションには、ひとつもないし・・・
小さな宝貝みたいです。

三浦半島だと、どこに行けば拾えるのかな?
貝殻コレクターは、自分だけのヒミツの場所を持っていることが多いので。
どこで貝殻を集めているのか、教えてくれる人は少ないですねー。
僕もどこで集めているのか、教えないけどね(^^ゞ
植物の写真なんかでも、どこで撮影したかはヒミツにしています。


楽天市場の会員の人は、パンダを押すとポイントくじが引けますよ(^^)
こちらは、アライグマ科の動物、レッサーパンダです。
カワイイですねー。
うちの愛犬と同じくらいかわいいかも。
身近な動物図鑑:レッサーパンダ

ホシキヌタ
タカラガイ科の貝殻、ホシキヌタ。
やっぱり宝貝は、大きなのが魅力的ですねー。
僕が拾ってる宝貝は、小指の爪くらいの大きさしかないからなー。
スイカくらいの大きさの宝貝って、ないのかな?
身近な生き物図鑑:ホシキヌタ

ヤクジマダカラ
少し巻き貝っぽい宝貝ですねー。
タカラガイ科のヤクジマダカラです。
屋久島にいるみたいです。
屋久島や対馬のような、島で暮らしてみたいなぁー。
身近な生き物図鑑:ヤクジマダカラ

シボリダカラ
タカラガイ科のシボリダカラ。
色が褪せちゃってるけど、状態が良い物はもっと綺麗ですよ。
口のところの、ギザギザに特徴のある宝貝です。
やっぱり、拾ったことない・・・
身近な生き物図鑑:シボリダカラ

チマキボラ
貝殻コレクターなら、誰しもが欲しがる貝殻。
クダマキガイ科のチマキボラ。
壊れやすい貝殻だから、完全体はめずらしいんです。
夢のまた夢の貝殻ですね。
身近な生き物図鑑:チマキボラ

リンボウガイ
僕の名前は、貧乏かい?
この貝殻の名前は、リンボウガイ。
こういうトゲトゲの生えているような貝殻、落ちてないよねー。
サザエですら波に洗われて、トゲな折れてるし(^^ゞ
身近な生き物図鑑:リンボウガイ

めずらしい貝殻が欲しい人は、江ノ島に行ってみるのがいいんじゃないかな?
江ノ島なら、貝殻専門店があるので・・・


ブログランキング・にほんブログ村へ [日常生活を満喫する] [山奥夫婦の日記] [ぺすけ@ココログ]
posted by ちーず。 at 19:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 身近な貝殻図鑑
この記事へのコメント

この記事へのトラックバック