2008年04月30日

女性の病気、子宮筋腫

女性特有の病気、子宮筋腫。
婦人科の腫瘍では、もっとも多い病気です。
30歳以上の人に多くみられます。
小さな筋腫も含めると、過半数の人にみられます。

家庭の医学:子宮筋腫とは?

管理人は男性なので、子宮筋腫になる心配は必要なさそうです。
子宮筋腫のページは作ったのですが、あんまり良くわかんなかった(^^ゞ
男ってダメですねー。
こういったことには、からっきし知識がなくて。

医師や薬剤師とかでもなく、専門知識もないもんで・・・
多い病気のひとつだということを知ったので、役に立つかなって思って調べてみました。
誰かの役に立つことができれば、僕にとっては幸せなので(^^)
子宮筋腫の原因は、まだはっきりとわかったわけではありません。
ですが、女性ホルモンが影響していると考えられています。

同じく、女性特有の病気、子宮体ガンです。
一般的に子宮ガンという言葉がありますが、子宮体ガンと子宮頸ガンとに分類されます。
検査方法はもちろんですが、治療法方も変わってきます。
家庭の医学:子宮体ガンとは?

もうひとつの子宮ガン、子宮頸ガンです。
子宮頸ガンが、一般的にいわれている子宮ガンのことになるみたいです。
早期発見、早期治療が求められます。
家庭の医学:子宮頸ガンとは?

ニュースで話題になることが多いですね、悪性中皮腫。
アスベストの吸引が原因というのも、有名になっています。
自覚症状が出る前に治療しないと、手遅れとなってしまう恐ろしい病気です。
家庭の医学:悪性胸膜中皮腫(悪性中皮腫)とは?

血管腫という病気もあります。
皮膚の細菌感染や、悪性腫瘍に似た病気です。
毛細血管腫、海綿状血管腫、苺状母斑などがあります。
家庭の医学:血管腫とは?

欧米人に多いと言われている病気、悪性リンパ腫。
近年では、日本人の発症も増加しています。
このページでは、イラストや写真を使ってみました。
家庭の医学:悪性リンパ腫とは?

男性特有の病気を2つ。
怖いので、さらっと紹介(^^ゞ
家庭の医学:急性前立腺炎とは?
家庭の医学:前立腺肥大症とは?

今日は晴天に恵まれ、ポカポカ陽気。
みんなお出掛けしてるのかな?
僕はゴールデンウィークとか、盆も正月も関係なく、お仕事です。
年中無休の24時間営業。


ブログランキング・にほんブログ村へ [花の舞] [適当に書き連ねる日記のようなもの] [〜幸せの種〜]
posted by ちーず。 at 14:21| Comment(5) | TrackBack(0) | 家庭の医学
この記事へのコメント
ゴールデンウィークもお仕事で忙しいなら何よりじゃん!
Posted by Ctommy at 2008年05月01日 01:28
アタシは肝臓に血管腫があるよ。
大きくならなきゃほっといても平気って言われたけど6年前に1センチだったのが5年前に3センチになってた。
それ以降こあいから検査に行ってないや。。

あと、子どもを産んでないと癌になりやすいって聞くけど本当なの?
調べてみてよ。

>ググレカス!
Posted by Ctommy at 2008年05月01日 01:34
コメント、ありがとー(^^)

仕事量と収入とが、結び付かないんだよねー。
やっぱり万馬券で一発当てるのが、一番効率が良さそうです・・・

肝臓にも血管腫があるのれすか?
了解しました、調べてみます!!
子供を産んでないとガンになりやすいのかぁ・・・、僕は子供を産めない体だからなぁ(T_T)
Posted by ちーず。 at 2008年05月01日 14:27
肝臓そのものじゃなくて肝臓へ流れる血管の血管腫だよ。

ちーずくんは子どもを埋めない体でも支給がないから心配ない。
(と、最初の変換でこうなりました)
Posted by Ctommy at 2008年05月04日 23:30
いやぁー、そんな病気は載ってなかったよ(^^ゞ
きっと誤診ですなー。

涼ちゃんに産んでもらう〜♪
Posted by ちーず。 at 2008年05月06日 14:43

この記事へのトラックバック