2008年02月04日

三浦市の松輪と三戸の史跡

土器 三浦市南下浦町松輪の史跡巡り。
それと、三浦市初声町三戸の史跡巡り。
どちらも遺跡の出土品がメインです。
観光地案内も、近いうちアップしたいなー。

三浦半島の歴史:三浦市南下浦町松輪史跡巡り・観光名所案内
三浦半島の歴史:三浦市初声町三戸史跡巡り・観光名所案内

昨日の大雪は凄かったねー!
雪の少ない三浦半島でも、雪が積もって一面の銀世界。
横浜で雪が降っても、三浦・横須賀では雨だもんね。
ほんのわずかな気温の変化で、雪になるか雨になるか別れるんだね。

三浦市方面の史跡巡り、僕にとってはまだまだ未開拓エリアとなっています。
ここのところ、三浦方面に行く用事がないというのが最大の理由かなー。
フィルムカメラで撮影した神社仏閣はあるんだけど、整理するのが面倒臭くて(^^ゞ
そしていつしか、ひきこもりとなり、外出することもなくなってしまったぁ(T_T)

三浦市の史跡巡りは、ひきこもりの僕にとっては大変なんですよー。
三浦市に関しては、資料集めもはかどってないし。
そうだ!
三浦市民の彼女を作ればいいのかー!!
そうすれば、三浦方面に行く機会も増えるもんね(^^)

大浦山遺跡
大浦海岸っていうのかな、岩場に囲まれた砂浜があるところ。
たぶんそのあたりか、間口港あたりにある遺跡だと思います。
噂では、人が住み着いているって耳にしたのですが(^^ゞ
三浦半島の歴史:三浦市南下浦町松輪・大浦山海蝕洞窟遺跡

宿泊
釣り船がたくさん出てるエリアなので、船宿がたくさんあります。
実は釣り好きの有名人も良く来るらしいですよ。
釣りがメインだから、民宿の施設は古いけどね。
三浦半島の歴史:三浦市南下浦町松輪・宿泊 観光 買い物

さぐら浜洞窟
松輪のどこかにある、さぐら浜。
松輪のあたりは岩礁地帯に、ポツリポツリと砂浜があります。
その岩礁地帯に開いた海蝕洞窟のひとつだと思いますが、たくさんあるんだよねー。
三浦半島の歴史:三浦市南下浦町松輪・さぐら浜洞窟

三戸遺跡
ココからは初声町の三戸の史跡巡りになります。
多少歩きますが、京急三崎口駅から、歩いて行くこともできます。
ビーチコーミングに行ってみようかなーと思っているので、そのうち他の史跡もアップできるかも。
三浦半島の歴史:三浦市初声町三戸・三戸遺跡

観光
三戸には、ヨットクラブや、スキューバダイビングクラブがたくさんあります。
海が綺麗なのかな?
三戸海水浴場で、貝殻拾いを計画中です。
三浦半島の歴史:三浦市初声町三戸・観光スポット

がんだ畑遺跡
三戸の地形は面白く、海まで断崖絶壁が迫っているかと思いきや、その上にはのどかな畑が広がっています。
この崖にはたくさんの横穴があり、それぞれが遺跡だったりします。
がんだ畑遺跡は、畑で見付かった遺跡なのかな?
三浦半島の歴史:三浦市初声町三戸・がんだ畑遺跡

三浦市役所に行けば、三浦市の史跡などの資料って売られてますか?
横須賀市と鎌倉市は、比較的簡単に資料を集めることができたのですが・・・
三浦市の歴史資料はなかなか手に入らなくて(T_T)
潰れた古本屋に貴重な資料が売られてたんだけどなー。
当時はっていうか、今もそうだけど、お金がなくて買えなかった(T_T)


ブログランキング・にほんブログ村へ [猫一が行くの?行かないの?] [海風と陸風] [From Hasse 日記]
posted by ちーず。 at 18:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 三浦半島観光地図
この記事へのコメント

この記事へのトラックバック